MIWARA BIOGRAPHY "VIRTUE KIDS" Virtue is what a Japanized ked quite simply has, painlessly, as a birthright.

東亜学纂学級文庫

『息恒循』を学ぶ

一息 49【スピアの後裔記】森に棲みついた魔性の鮫女。天地を破壊し、天地を創造する『離島疎開』選集

後裔記「離島疎開」選集(中)
令和2年12月12日(土) pm 7:00 配信

後裔記「森に棲みついた魔物」少年スピア 齢10

 森に棲みついた魔性の鮫女。天地を破壊し、天地を創造する。

 一つ、息をつく。

 秘密基地を背に、ぼくとオオカミさんは、無言のまま歩いた。(オオカミさん、これから、どうするんだろう)と、それもあるけれど、あの写真のほうが、気に掛かった。お母さんと{許嫁|いいなずけ}さん、あんなに嬉しそうな顔をしていたのに、{逢|あ}うといつも、悲しい顔? 何故? 写真を撮る前と後は、悲しい顔だったってこと? それとも、いつも嬉しそうな顔をしているけど、悲しそうに見えてしまうってこと? 〈何故〉の対象には、そんなことに{拘|こだわ}るぼくの心情も、映し出されている。
 実は、もう一つ。気掛かりなことがあった。開度30^度の鉄の片引き戸に胸を添わせて、カニ歩きで外に出ようとした、そのときだった。おにいさんの声が、耳に届いた。
 「気をつけて帰るんだよ」と、優しい声。
 「うん。大丈夫だよ。有難う」と、ぼく。
 「そういう意味じゃない」と、その声。二段ベッドの上のほうから。
 「はァ?」と、ぼく。両手を上げたまま、まさにカニのポーズ。
 「今日は、あまり{良|い}い日とは言えないんだ。君にとってはね。林道に入ったら、まっしぐらに走り抜けるんだ。そのほうがいい。君にとってはね」と。就寝許可の札が、消えかかている。
 「どうしてぇ?」と、ぼく。
 「{何|いず}れ、{判|わか}ることさ。未来は、天命に{順|したご}うて動くもの。君も、そうさ。それだけのことさ」と、おにいさん。
 「よくわからないけど……それに、天命ってぇ?」と、ぼく。扉を無事に通過。
 ぼくの「まァ。でも、ありがとう」の言葉と同時に、扉が動きだす。ガシャン♪
 左へ曲がると林道、峠の上り道。右に曲がると、オオカミさんが漁船から降り立った入江の海岸。依然、先を歩くオオカミさん。迷わず、左へと曲がってゆく。すっかり二人組の様相。オオカミさん、あっちの島では、どんな暮らしをしているんだろう。それを言えば、マザメさんとサギッチのやつ、どこで何をしてるんだかァ!
 林道を上る途中。谷川に注ぐ水みちに引っ張り込まれるように、森の中へ、奥へと、林道からどんどん{逸|そ}れてゆく。二人組の先頭は、依然オオカミさん。就寝許可のおにいさんの忠告など、どこ吹く風! と、そのとき……だった。
 一人の女が、{寒苺|カンイチゴ}を{摘|つ}んでいる。その女、人の気配を感じてか、ぼくらのほうに振り返る。活き活きとした唇。鮮やかに真っ赤に輝くカンイチゴ。若々しい{艶|つや}やかな頬。その独立した一つ一つが、どれほどぼくの魂の奥底までを{惹|ひ}きつけたことだろう。オオカミさんも、ぼくと同じ驚きと怖れの顔をしたまま、固まっている。
 その一つ一つが独立を護っている限り、その女の子は、いつも届かぬところのない優しさを、ぼくらに届けてくれることだろう……とさえ、思えた。その優しい瞳が照らすところ、たちどころに痛みは{和|やわ}らぎ、その優しい想いが寄せるところ、たちどころに春の新芽よろしく幸福が立ち{上|のぼ}り、{青人草|アオヒトクサ}は暗闇を蹴散らし太陽神を仰ぐ。
 彼女の頭脳、心、手、足……諸々、そのすべての独立が護られることを、ぼくら立命期の{美童|ミワラ}男児は、{皆|みな}が願っている。
 で、現実の話に戻る。オオカミさんが、吠えた。
 「モンペ女だァ!」
 と、そのとき彼女が魅せた無心天真の表情が、すべての時空を止めた。ぼくの全身の血脈はおののき、無意識のなかに{恍惚|こうこつ}とした情念が芽吹く。すると次の瞬間、猛烈な風と雨。天と地がひっくり返り、大木の幹は裂け飛び、岩や流水も天空の底へと真っ逆さまに落ちていった。それは、一瞬の出来事だった。
 ぼくは、奇跡的に、台地に立っていた。就寝許可のおにいさんの{言乃葉|ことのは}を{訝|いぶか}しく思いながらも少しは信じたぼくを、おにいさんは何かの力を使って護ってくれたのだ。ぼくは、そう直感した。だとすると、まったく信じなかったオオカミさんは、その何かから護られることもなく、丸裸の自力あるのみ。無残、危うし。で、どこォ?
 川となった道は道に戻り、森は元の天地入替無用の見慣れた風景に戻った。オオカミさんは、わりとすぐに見つかった。元の枝葉を取り戻した大木の枝に手足を絡ませ、台地と天空の間で固まっている。(何をするにつけても、手足が器用な人だな)と、思うぼく。  その大木の下のほうから、魔物の声が響く。
 「自然界が地殻変動を起こし、人間界は天変地異を{蒙|こうむ}る。もうすぐよ。三千年に一度の天地創造が、{始|はじ}まる」
 その声は、魅惑の少女の赤い唇から出ている。(オオカミさんが、モンペ女って言ったのが、気に{障|さわ}ったんだろうな。くわばら、くわばら)と、思うぼく。すると少女が、言った。ぼくのほうに、顔を向けている!
 「ねぇ。モンペって、なにさァ!」
 恐る恐る、慎重に言葉を選んで答えるぼく。
 「その、ズボン」
 「ズボン? あァ、これね。そう言われたら、なんか農村で腰曲げて農作業してる婆さんみたいだよね♪って、んーなわけねーだろッ!」と、魅惑のベールを脱ぎ{棄|す}てて少女が言った。
 その上のほうからも、恐る恐ると言乃葉が舞い散る。
 「ねぇ。ここから、下りたいんだけど」と、オオカミさん。
 「ご自由に。下りたきゃ、さっさと下りなッ!」と、少女。
 「どうやってさッ!」と、オオカミさん。(まァ、だよね)と、思うぼく。
 「あんたさ。重力、知らないのォ?」と、少女。
 「聞いたことはあるけど、おれ、学園不登校だから、習ってないんだ」と、オオカミさん。少々、意味不明。
 「だから何さ。学園が、あんたの素質能力を教えてくれるとでも言いたいのかい? イッパシの学徒が、いつまでグダグダ言ってんのさァ。とっとと飛び下りなッ!」と、少女。残酷な種。  「無理! ムリムリ……」と、オオカミ先輩。(まァ、だよね)と、思うぼく。
 「落水者の救助、習ったろッ? 寺学舎で」と、少女。
 「習ってないけど」と、ぼく。
 「おまえに言ってんじゃないよ。てか、教えられなくても、考えりゃわかんだろッ! しょうがないねぇ。手伝いなッ♪」と、少女は言うと、枯葉を集めはじめた。落ち葉を両手いっぱいにして運びながら、少女がまた言った。
 「飛び込んで、海に潜り込んじまったら、波のある海じゃ、落水者を見失っちまうだろッ? だから喫水が目の上にいかないように、水の抵抗を最大限に受けられる形を作って、飛び込むのさ。両手と{両脚|りょうあし}、どうすりゃいいのか、{判|わか}んだろッ?」
 落ち葉のうねりの頂が、ぼくの頭の高さほどになった。すると、少女が大木の上に向かって、吠えた!
 「あんた、可愛い……かどうかは別として、大事な後輩、見殺しにすんのかい?」
 オオカミ、飛ぶ。
 オオカミさんの身体が、すっぽりと落ち葉の山に{埋|うず}まった。浮上には、{些|いささ}かの時間がかかりそうだった。(死んだなッ! 落水者のぼく)と、思うぼく。
 「浮かび上がったら、有難うの一言くらい、言ってやんなッ! おまえのために飛び込んだんだからさ。まァ、生きて浮上したらの話だけどね♪」
 少女はそう言って{艶|なま}めかしく微笑むと、どこかへ行ってしまった。
 {俄|にわ}かに生きて浮上したオオカミさんが、言った。
 「股、いてーぇ!」

皇紀2085年12月12日(土) 活きた朝 0:20
{美童名|みわらな} スピア
学年 少年

令和2年12月12日(土) pm 7:00 配信
一息 49【スピアの後裔記】森に棲みついた魔性の鮫女。天地を破壊し、天地を創造する『離島疎開』選集

凡例
電子書籍用の各種HTML軽量言語(記法)を取り入れております。ブログやメルマガでは一部変換されない記号が残る場合がご座居ます。

東亜学纂学級文庫

週刊メールマガジン
『エスノキッズ心の学問「自伝編と教学編」』
https://www.mag2.com/m/0001131415.html
https://www.mag2.com/m/0001675353.html

ブログ
『寺学舎の学級日誌「後裔記と然修録」』
http://www.akinan.net/

電子書籍(kindle判編纂中)
『世界最強のバーチュー!寺学舎の後輩たち(1)』

M I W A R A BIOGRAPHY
- Akio Nandai "VIRTUE KIDS" Vol.1 to 12 -
V.K. is a biographical novel series written in Japanese with a traditional style.
Virtue is what a Japanized ked quite simply has, painlessly, as a birthright.
- // AeFbp // AEF Biographical novel Publishing -
A.E.F. is an abbreviation for Adventure, Ethnokids, and Fantasy.