MIWARA BIOGRAPHY "VIRTUE KIDS" Virtue is what a Japanized ked quite simply has, painlessly, as a birthright.

東亜学纂学級文庫

『息恒循』を学ぶ

ミワラ<美童>の座学日誌 No.113

#### ムローの座学日誌「長大な学問の時間を得た短命志士達の{磨錬|まれん}」{然修録|113} #### 『若くして祖国の存亡の危機を救うために命を{賭|と}した(……捧げた)維新の志士たちは、短命にも{拘|かか}わらず、{何故|なぜ}あれほどの学問を自修できる長大…

ミワラ<美童>の実学紀行 No.116

#### ツボネエの実学紀行「陣中見舞うズングリ丸。コオ島での収穫」{後裔記|116} #### 《息恒循、伝霊の列徒の刻。正に、陣中!》 《六者六様! コオ島での一番の収穫》 少女学年 ツボネエ 齢8 体得、その言行に恥ずるなかりしか。 《 息恒循、伝霊の列徒の…

ミワラ<美童>の座学日誌 No.112

#### ツボネエの座学日誌「努力という名の進化を探る、目的心理学」{然修録|112} #### 『一般に言う心理学と、目的心理学とは、何が違うのかッ!』 《自分が、このアタイなんだから、生まれ変わったって、その自分は、やっぱり、アタイなのさァ!》 《アタイ…

ミワラ<美童>の実学紀行 No.115

#### マザメの実学紀行「怪しい島から不気味な海へ。ズングリ丸出帆」{後裔記|115} #### 《ガキッチョと牛追いばあやの{餞別|せんべつ}》 《異様! 不気味! 新ズングリ丸が行く》 学徒学年 マザメ 齢12 体得、その言行に恥ずるなかりしか。 《 ガキッチョと…

ミワラ<美童>の座学日誌 No.111

#### サギッチの座学日誌「思考の実態は、行動の中にのみある!」{然修録|111} #### 『熟考、熟考、考え抜く! それは、正しいのか』 《考え過ぎは、パーキングブレーキ。いつまで{経|た}っても、発車などできない》 《人間は、考える{葦|あし}であるが、足…

ミワラ<美童>の実学紀行 No.114

#### ツボネエの実学紀行「借り物。スピアのコトバ記憶と婆さんの醤油」{後裔記|114} #### 《スピアの兄貴のスーパー記憶術に、頼れーぇ♪》《醤油、貸しに来た婆ちゃん……誰よッ!》 少女学年 ツボネエ 齢8 体得、その言行に恥ずるなかりしか。 《 スピアの…

ミワラ<美童>の座学日誌 No.110

#### スピアの座学日誌「儒学は、{何故|なにゆえ}日本の国難を救い得たのか!」{然修録|110} #### 『儒学で修練した先人たちが退化しなかったのは、{何故|なぜ}か』 《退化とは、土石流が{如|ごと}く》《儒学の修練で崇高な心を保ち得た先人たち……その儒学を…

ミワラ<美童>の実学紀行 No.113

#### ムローの実学紀行「言語乱れる美童。救世主、インテリ技師登場」{後裔記|113} #### 《ヨッコとワタテツを救え!》《まったく! 涙がチョチョ{切|ぎ}れるほど頼りになる後輩たち……》《謎のインテリ技師、ズングリ丸の正念場!》 学徒学年 オオカミ 齢13 …

ミワラ<美童>の座学日誌 No.109

#### オオカミの座学日誌「要領よくの締め{括|くく}り。それが、{一燈照隅行|いっとうしょうぐうぎょう}」{然修録|109} #### 『要領よく、世のため人のためになる方法』 《祝杯の習慣、その極意》《素直じゃないのよ、頭の{主|あるじ}》《「世のため人のため…

ミワラ<美童>の実学紀行 No.112

#### オオカミの実学紀行「ジジッチョ流、和式の教学に明け{暮|く}れる」{後裔記|112} #### 《爆睡から目覚めると、{蒸|む}した声が共鳴していた》《どうでもいい事がどうでもいいか{否|いな}かに{拘|こだわ}るジジッチョ》《上等な{妄想|もうそう}を聴講す…