MIWARA BIOGRAPHY "VIRTUE KIDS" Virtue is what a Japanized ked quite simply has, painlessly, as a birthright.

東亜学纂学級文庫

『息恒循』を学ぶ

ミワラ<美童>の座学日誌 No.110

#### スピアの座学日誌「儒学は、{何故|なにゆえ}日本の国難を救い得たのか!」{然修録|110} #### 『儒学で修練した先人たちが退化しなかったのは、{何故|なぜ}か』 《退化とは、土石流が{如|ごと}く》《儒学の修練で崇高な心を保ち得た先人たち……その儒学を…

ミワラ<美童>の実学紀行 No.113

#### ムローの実学紀行「言語乱れる美童。救世主、インテリ技師登場」{後裔記|113} #### 《ヨッコとワタテツを救え!》《まったく! 涙がチョチョ{切|ぎ}れるほど頼りになる後輩たち……》《謎のインテリ技師、ズングリ丸の正念場!》 学徒学年 オオカミ 齢13 …

ミワラ<美童>の座学日誌 No.109

#### オオカミの座学日誌「要領よくの締め{括|くく}り。それが、{一燈照隅行|いっとうしょうぐうぎょう}」{然修録|109} #### 『要領よく、世のため人のためになる方法』 《祝杯の習慣、その極意》《素直じゃないのよ、頭の{主|あるじ}》《「世のため人のため…

ミワラ<美童>の実学紀行 No.112

#### オオカミの実学紀行「ジジッチョ流、和式の教学に明け{暮|く}れる」{後裔記|112} #### 《爆睡から目覚めると、{蒸|む}した声が共鳴していた》《どうでもいい事がどうでもいいか{否|いな}かに{拘|こだわ}るジジッチョ》《上等な{妄想|もうそう}を聴講す…

ミワラ<美童>の座学日誌 No.108

#### マザメの座学日誌「ボンクラ頭の構造と、理想的な判断の方法」{然修録|108} #### 『なんで、あたいの頭はボンクラなのか』 《なんでいつもいつも、判断を誤るのか》《思考の{遣|や}り方とか方法とか原則とかって、あるのォ?》 学徒学年 マザメ 少循令{…

ミワラ<美童>の実学紀行 No.111

#### マザメの実学紀行「{現|うつつ}の異郷に学びあり。{嗚呼|ああ}、{余所|よそ}者の郷愁」{後裔記|111} #### 《湧き上がる郷愁、現の異郷に{嫉妬|しっと}する》《この島にもあった! 難行苦行の峠道》《孫の歩学、峠編》《孫の座学、銭湯編》 学徒学年 マ…

ミワラ<美童>の座学日誌 No.107

#### ワタテツの座学日誌「閉じ込められるな。魅力ある人間になれ!」{然修録|107} #### 『人間の魅力とは、何か』 《リーダーと呼ばれる人たちと俺とは、何が違う?》《『偉大なリーダーの鋭い感受性と、{潔|いさぎよ}い自反》 門人学年 ワタテツ 青循令{猛…

後裔記110(ミワラ<美童>学級の実学紀行)R3.9.4(土) 夜7時配信

#### スピアの実学紀行「頑固{一徹|いってつ}! 文明の{礎|いしずえ}を成した和の伝統{業|わざ}」{後裔記|110} #### 《混成小隊、島の南東の{海辺|スピアッジャ}を突き進む》《頑固! 非文明? 和が秘めた伝統業の底力》《ズングリ丸、人(?)生を{賭|か}け…

然修録106(ミワラ<美童>学級の座学日誌)R3.8.29(日) 朝7時配信

#### ヨッコの座学日誌「自分という{牢獄|ろうごく}に囚われた{虜囚|りょしゅう}の生き方」{然修録|106} #### 『どうしても思い出せない、どうしても逃げ出せない……{何故|なぜ}か』 《悔しい。どうしても思い出せない記憶の正体》《虜囚は、あたいだけじゃな…

後裔記109(ミワラ<美童>学級の実学紀行)R3.8.28(土) 夜7時配信

#### サギッチの実学紀行「出たッ! ぼく行くけど、みんな、どうするーぅ?!」{後裔記|109} #### 《和の{民族|エスノ}の真の狙いを{暴|あば}く}》《疲弊した精神も、{萎|しぼ}んだ肉体も、ふやけた肌》 少年学年 サギッチ 齢9 体得、その努力に{憾|うら}みな…

然修録105(ミワラ<美童>学級の座学日誌)R3.8.22(日) 朝7時配信

#### ムローの座学日誌「存亡の危機! 境遇に左右されない己をつくれ」{然修録|105} #### 『{何故|なぜ}、境遇に振り回されるのか』 《環境に順応? なぜ人間は、その時々の境遇に一喜一憂し、フラフラと己の道を{逸|そ}れてどこかに行ってしまうのか》《存…

後裔記108(ミワラ<美童>学級の実学紀行)R3.8.21(土) 夜7時配信

#### ムローの実学紀行「寂しい森、ひもじい{美童|ミワラ}、真理を明かすクソガキ!」{後裔記|108} #### 《回想、妄想、{僻|ひが}み》《森の中でランチ、手弁当無き{虚|むな}しさ》《五理目……それは、クソガキどもの真理だった》 学人学年 ムロー 齢17 体得…

然修録104(ミワラ<美童>学級の座学日誌)R3.8.15(日) 朝7時配信

#### ツボネエの座学日誌「直感力と洞察力で地球物理学に挑む」{然修録|104} #### 『直感力と洞察力は、地球物理学を超えて地球を救えるか』 《直感力で地殻変動を知る自然{民族|エスノ})》《洞察力で自然を大法則で{捉|とら}える和のエスノ》 少女学年 ツ…

後裔記107(ミワラ<美童>学級の実学紀行)R3.8.14(土) 夜7時配信

#### ツボネエの実学紀行「指令、武の心でアース号の暴発を{止|とど}めよ」{後裔記|107} #### 《最悪……アマガエルの踊り食いを、回避せよ!》《芝刈りでもなく、洗濯でもなく、山と川に向かう{美童|ミワラ}たち》《病の言い訳と、不可思議な島の子どもたち》…

然修録103(ミワラ<美童>学級の学問日誌)R3.8.8(日) 朝7時配信

#### サギッチの座学「奇怪な病魔! {怠慢|たいまん}な健康欲と、{危|あや}うい権勢欲」{然修録|103} #### 『{何故|なぜ}、{お偉いさん|エリート}は、道を誤るのか』 《怠慢な健康欲が、エリートたちの適応力を、{蝕|むしば}む》《危うい権勢欲が、エリート…

後裔記106(ミワラ<美童>学級の冒険日記)R3.8.7(土) 夜7時配信

#### オオカミの歩学「偏屈の進化! 銭湯演説とアース焼却炉の秘密」{後裔記|106} #### 《偏屈に{類型|パターン}あり! 和の{民族|エスノ}》《忍び寄る{危機|デインジャラス}! 偏屈に思い{遣|や}りあり》《聴衆はスパイの皆さん! ジジッチョの銭湯演説♪》 …

一学102 ミワラ<美童>の然修録 R3.8.1(日) 朝7時配信

#### 一学スピアミ「悪夢に悪い記憶! 要領が良ければ解放される?」{然修録|102} #### 『悪夢から解放されない……悪い記憶ばかりが甦ってくる。そのメカニズムと対処法』 《思い出される記憶と、出てこない記憶……その違いは、どこにある?》《手順書を作って…

一息105 ミワラ<美童>の後裔記 R3.7.31(土) 夜7時配信

#### 一息サギッチ「予感? アマガエルの卵、サクラの花びら、ズリズリ山」{後裔記|105} #### 《心配事が一つと、悪い予感が一つ》《サクラの花びらと、アマガエルの卵》《意味不明を連発するムロー先輩……ジジチョウを、探せ!》《ズリズリ山と、ジジチョウ…

一学101 ミワラ<美童>の然修録 R3.7.25(日) 朝7時配信

#### 一学オオカミ「寛容の精神とは。真意を{汲|く}んで受け{継|つ}ぐ{曲者|くせもの}たち」{然修録|101} #### 『寛容の精神とは何か』 《曲者や{一廉|ひとかど}の武士が備えていた心構えと、その兵法の比較》《陽明学真意の世界への懸け橋となった佐藤一斉…

一息104 ミワラ<美童>の後裔記 R3.7.24(土) 夜7時配信

#### 一息マザメ「お尻フリフリと*あたい*が投げた問い、その結末」{後裔記|104} #### 《手……ではなく、お尻をフリフリして別れを告げたケツ……元い。ツケが回って、今も尾を引く悲劇の真相!》《ムロー学人が語る……あたいが投げた三つの問い》《層脳……潜在意…

一学100 ミワラ<美童>の然修録 R3.7.18(日) 朝7時配信

#### 一学マザメ「忙しくしていると、無能者に{観|み}られてしまう。{何故|なぜ}か」然修録 #### 『無能者は、忙しい。何故か!』 《余裕がないから、忙しいと言う》《貧乏暇なしでも、忙しくはない》《超多忙な大臣は、博士にもなる》《戦火の陣中でも、文…

一息103 ミワラ<美童>の後裔記 R3.7.17(土) 夜7時

#### 一息スピア「睡魔に宣戦布告したマザメ司令。ムローが火を噴く」後裔記 #### 《ぼんやりステージ、{アルファー|α}波のぼくたち》《覚醒ステージ(ベータ波)に、揃い踏み!》《変身ムロー先輩が、楽園・味覚・理性を語る》 少年学年 スピア 齢10 一つ、…

一学99 ミワラ<美童>の然修録 R3.7.11(日) 朝7時配信

#### 一学ワタテツ「〈考える〉という驚異の能力! その{機巧|からくり}を知りたい」然修録 #### 『〈考える〉という能力。実は、どんな機巧なのか』 《〈考える〉は、四つのステージで暗躍する》《脳波は、神様が発明したコンピューターだッ!》《人は、肉…

一息102 ミワラ<美童>の後裔記 R3.7.10(土) 夜7時配信

#### 一息ツボネエ「川筋の長屋……人生最初で最後?の休養日」後裔記 #### 《ムローの長屋生活、喜ぶスピアの兄貴》《〈風呂〉の観を{呈|てい}さなかった山女の有り{様|よう}》《SAKE、デビュタント!》《この世の〈就寝許可証〉》 少女学年 ツボネエ 齢…

一学98 ミワラ<美童>の然修録 R3.7.4(日) 朝7時配信

#### 一学ヨッコ「本質を見抜く人が{居|い}る。{所謂|いわゆる}眼力。その能力とは」然修録 #### 『洞察力とは、どんな能力なのか』 《人間界の洞察と、自然界の照見》《洞察の宝庫、松下幸之助翁》《洞察の宝庫には、何が入っているか》 門人学年 ヨッコ 青…

一息101 ミワラ<美童>の後裔記 R3.7.3(土) 夜7時

#### 一息ムロー「オンボロ丸? 頭上のパンツ! 張り付け獄門?」後裔記 #### 《何かの通報かーァ?! 騒ぐ鳥たち》《ツボネエ流、会心の肩車!》《張り付け獄門って、なーんじゃそりゃ!》《死骸風生命体A》《ツボネエの母乳!》 学人学年 ムロー 齢17 一つ…

一学97 ミワラ<美童>の然修録 R3.6.27(日) 朝7時

#### 一学ムロー「頭ノ悪サハ、大ヲ成ス! 先人偉人カラ、頭ノ妙ヲ学ブ」然修録 #### 『頭が悪いと言われていた子どもが偉人になる{場合|ケース}が多いのは、{何故|なぜ}か!』《頭の悪さ、よし。統計学の成果》《その{論的証拠|エビデンス}、世界に見る四人…

一息100 ミワラ<美童>の後裔記 R3.6.26(土) 夜7時

#### 一息サギッチ「{處女篤考|ショニョトッコウ}……この世の最期に、思うこと。{鰯|イワシ}のウイリー!!」後裔記 #### 《 矢庭の荒天 》《 一瞬、一瞬の連続…… 》《 運命の時…… 》《 後悔……慈愛 》 少年学年 サギッチ 齢9 一つ、息をつく。 ……と、いうこと…

一学96 ミワラ<美童>の然修録 R3.6.20(日) 朝7時

#### 一学ツボネエ「貧乏ヲ、考エタ。病弱ヲ{棄|ス}テ去リ、貧乏ヲ修メル」然修録 #### 『{如何|いか}にして貧乏を{糧|かて}にするか』 《貧乏は病弱より始末がよく、{功徳|くどく}をも授かる》 《貧乏の功徳……梅園先生》 《貧乏の功徳……海舟先生》 《貧乏の…

一息99 ミワラ<美童>の後裔記 R3.6.18(金) 夜7時

#### 一息オオカミ「昔ノ大人ハ、{尖|トガ}ッテタンダヨッ!」後裔記 #### 《 穏やかな抵抗 》《 船長の選択 》《 軍艦{鮫|ザメ}と闇夜の二人 》 学徒学年 オオカミ 齢13 一つ、息をつく。 《 穏やかな抵抗 》 ヒヤ間は、確かに狭かった。 だが、照明が、効…